含み損が過去最高65,100円に到達。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

これが株取引の洗礼なのか。
株式の含み損が、過去最高に達している。

その額、65,100円
株に投資した金額の7.6%。
1割弱の資産が無くなっていることになる計算。
いつかは上がるという希望的観測に負けて、
未だ株を売るに売れず、塩漬け株と呼ばれる状況になっている。
資生堂に関しては、一度、ナンピンまでしてしまっている始末。
<ナンピン>
ある銘柄を買い、期待に反して株価が下落してしまった場合に、
下落した値段で同じ銘柄をもう一度買うこと。
以下のグラフを見てもらえれば分かるとおり、
最初に購入した後に少し上がってから、現時点までで2ヵ月で220円も下落。
<資生堂>

アルティミューンやマキュアージュとかの新商品の売上、
免税拡大による外国人観光客の取り込みが好調であることを祈るのみ…。
+が5%になった時点で売る。
次は必ず売る。欲張らない。
アートネイチャーもバイオもたのんますわ。
<アートネイチャー>

<タカラバイオ>

バイオに関しては、やってしまった感がいなめない…。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*