黒田バズーカの効果。利益確定させて退避。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日経平均株価の上昇、円安相場の進行、
投資信託、確定拠出年金としてはかなりの良い状況になっています。

1ヶ月間で3000円も日経平均が上昇。

円相場も7円円安。
かなり良い状況すぎて、黒田バズーカの反動が逆に不安になってきたので、
今週初めに利益確定させました。
投資信託で持っていたニッセイ日経225を40,000円分売却。
 

  積立月数 積立金額(円) 評価額(円) 口数 価値/口(円) 損益
売却前 6 60,000 65,137 37,656 1.730 5,137
売却後11/8 2 24,314 27,159 15,295 1.776 2,845

4314円の利益確定。

売った40,000円は11/10の受け渡し後、国債に割り当てる予定。
退避という言い方が正しい購入です。
確定拠出年金も過去最高の利率。

外国株式の含み益率が18.83%と円安効果もろ受け。
DCダイワ外国株式インデックス

50%売却し、その全てを日本債権に退避。
およそ10,000円の利益確定見込み。(投資資金増)
なぜか未だ発注中。
三菱UFJDC国内株式インデックスファンド

50%売却し、その全てを日本債権に退避。
およそ7,500円の利益確定。(投資資金増)
大和住銀DC日本バリュー株ファンド

50%売却し、その全てを日本債権に退避。
およそ4,500円の利益確定見込み。(投資資金増)
なぜか未だ発注中。
今の黒田バズーカ効果が落ち着いたら、再度、株に回す予定。
こちらもこんな感じで投資資金自体を増やして、利回りをあげていく。
ちなみに、黒田バズーカの今後について、以下のようなページを発見。
今後も紆余曲折を経ながら、緩和の効果を計ることになるのだろう。
「ドル高=円安デメリット」が大きく取りざたされることがなければ、
前回と同じようなパターンになると思われ、欧米のクリスマス商戦の行方が見えてくる時期までは、
「意表を突いた」効果だけでも、十分に金融緩和効果が期待される。
年末から来年初めまでには、日経平均は1万8000円水準まで上昇、
07年の高値水準である1万8200円~1万8300円を試すことになるのだろう。
(http://shikiho.jp/tk/news/articles/0/52418/3)
アートネイチャー、資生堂、タカラバイオ、早く売りたいお。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*