数年に1度のチャンスだけど確実に儲かる!総選挙が間近。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

衆議院の解散が株価にどのように影響を及ぼすのか。
結論から言うと、年内に18,000円まで到達してもおかしくはないと予想します。
むしろ、確実に年内に18,000円に到達します。

このグラフは、過去4回の衆議院の解散について、
解散日の前日から、そこから1ヵ月間の株価推移です。
2003年は10日後以降にマイナスになっていますが、
それ以外は6%以上高騰。
増税先送りの是非という今回の総選挙の内容から見て、
自民党が勝つことは間違いありません。
そうなると安部政権の地盤がより確固たるものになり、
さらに日本株は上昇していくものと考えられます。
上記グラフの「今回予想」は、過去4回の株価推移の平均をとったものです。
解散から30日後、解散日の株価から4%上昇することになり、
その際の日経平均株価が18,000円以上となります。
なので、今回の衆議院解散に関して言えば、確実に儲かるチャンスです。
先週まで全く意識していませんでしたが、
突然、たった数年に一度の大チャンスが舞い込んできました。
私は国内株に全力投資することにします。
文字が大きくなっているのは決意の大きさです。
具体的な施策は今まとめ中です。
※本日中にご報告予定(11/16 11:33)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*