【確定拠出年金】日経平均株価の下落と今後の作戦。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

DCJ 確定拠出年金の運用状況は以下の通りです。

株価が下がるのをずっと待っている状況でしたが、
今週ついに大きく下げました。

以下の記事によると、5/13くらいまでは下がり続けてもおかしくはないとのこと。
株式週間展望=連休の合間、下値模索か―企業決算や米雇用統計にらみ慎重姿勢
http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20150502-00930829-mosf-market
過去の調整局面を見ると、日経平均は昨年12月中旬にピークから1358円、
12月末-今年1月には1322円下落し、底打ちしている。
今回も同様の動きを見せると仮定すれば、4月23日に2万252円で
天井を付けた日経平均は1万8900円程度まで調整し、日柄では5月8-13日あたりが底打ちの目安となる。
1万9000円を割り込んだ水準が当面の反発ラインとして意識されそうだ。
そして円安と、NWダウの堅調


というわけで、また動かします。利益確定&スイッチングです。
確定拠出年金で儲かる唯一の手段ですからね。
作戦としてはこんな感じです。
①DCダイワ外国株式インデックスを50%(現時点で約5万)売って、
②野村J-REITファンド(確定拠出年金向け)に2万
③三菱UFJDC国内株式インデックスファンドに3万

売却時、購入時の価格、取得単価についてはまたこのブログで報告します。
これでまた日経平均が20000円を超えたら、半分くらい売ってしまおう。
ずるずる下がり続けたら、それはそれでチャンスなので
その時の状況見て考えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*