【投資信託】-0.12%から+0.69%に回復。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


投資信託、-0.12%から+0.69%に回復。
・東京海上物価連動国債
東京海上物価連動国債が11,281円と、ついに2014年1月の水準まで下落してきた。

買い始めたのが2014/5/21の11,501円からなので、
ずっと高い水準で買ってきていたことになる。
今月から積立額を4,000円から10,000円に変更していて、
安い時に買い増していく作戦。
・ニッセイ日経225
逆にこっちは夏場の大幅下落から再び持ち返してきた。

去年の12月から20,000円ずつ積み立ててきたけど、
12,000円に減額した。
・三井住友T SMTグロ債

様子見。
以下、http://diamond.jp/articles/-/81075より抜粋
先週水曜日に連邦公開市場委員会(FOMC)の声明文が出ました。
政策金利に変更はありませんでした。
しかし声明文の中に、
「次回の会合で利上げが適切かどうか決断する」
という表現がありました。
わざわざ“next meeting”と明言したことは、極めて異例です。
これで、次回12月16日のFOMCで利上げが行われる可能性が、俄然、高まりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*