【確定拠出年金】マイナス金利導入の今、これにスイッチング!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マイナス金利が確定拠出年金の今後の運用にどのような影響をもたらすか。
1/29のマイナス金利導入発表以降、
国内株、外国株、外国債は下落、
国内債が100円程度の微増という状況です。
そんな中、J-REITだけが1000円程度の上昇と大健闘。

その背景や、今後の見通しなどは以下を参照
http://www.nam.co.jp/company/pdf/report/160218_info.pdf
<以下、一部抜粋>
・ローン金利低下による住宅取得の活発化等で、不動産市況の改善スピードが速まるとの観測
・為替変動の影響を受けにくい
・一般の企業より収益の変動は小さくなる傾向があるとされています。
 世界経済の先行き懸念が強まる中で、相対的に収益が安定しているとされるJ-REITが選好されている可能性
・今後、為替リスクを避けたい、国債金利の低下による収益減を補いたい等の意向から、国内資産であり、
 相対的に利回りが高いJ-REIT市場に投資資金を振り向ける国内機関投資家が増えることも予想されます。
確定拠出年金で儲けるには、J-REITにスイッチングさせた方が良いかと思われます。
いつ頃、利益確定させるかはまだ検討中です。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*