【投資信託】イギリスのEU離脱により含み損234,556円に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

投資信託の方も大打撃。

234,556円もの含み損。

現時点では今年2月よりは上回っているので、基本的には様子見。

ただし、ニッセイ日経225が今年2/12の15,985円に迫ろうと言う16,111円。

15,900円台で買えそうな状態になれば追加購入予定。
長い目で見ると、もっと下がる気もするけれど。

SMTグローバル債券インデックス・オープンも大幅下落で、
2013/11/25の11,000円を下回った。

11,000円以下で確実に購入できそうな状態になれば追加購入予定。

逆に、急激に盛り返している東京海上物価連動国債。

信託報酬について間違った認識をしていた。

信託報酬は毎日計算されて、控除された後の時価が日々の基準価額として計算されています。
日々発表されている基準価額は、既に信託報酬が差引かれたものですので、それ以上の負担があるというわけではありません。
(http://hedgefund-sec.com/column/assets_management/trust_reward.html)

なので、含み益が見えているだけ出ているので、売る。
27日月曜日の結果を見て、どれだけ売るか決める。
それを上で購入予定としているニッセイ日経225などに振り分ける予定。

7月分の先行購入という位置づけで、場合によっては7/21の定期積立は
見送り、もしくは減額。

・メモ
経済指標では28、29日にEU首脳会議が開催されるほか、
29日に米FRBがストレステストの結果を公表する。
7月1日発表の日銀短観が前回を下回った場合、7月追加緩和観測を後押しすることになりそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*