【投資信託】積立投資の売り時マイルール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

積立投資の運用状況は以下の通り。

1

先週からさらに含み益が増えた。

というわけで、一部解約します。

三菱UFJ国際-eMAXIS新興国株式インデックス・・・80,000円
ニッセイ日経225インデックスファンド・・・70,000円
三井住友TAM-SMTグローバル株式インデックス・・・80,000円

これで、税引き後約225,000円分の現金余力が生まれる。

積立投資においても売り時は非常に重要と考える。

今回、売却するファンドのどれを取っても素晴らしい状態。

・三菱UFJ国際-eMAXIS新興国株式インデックス
2

・ニッセイ日経225インデックスファンド
3

・三井住友TAM-SMTグローバル株式インデックス
4

過去3年間での最低価額から1.3~1/5倍になり、
かつ、現在値も過去3年間での最高水準。

上昇自体も1年以上継続している。

この状況においてもまだこれから伸びるのであればそれも良し、
下げる、かつ、暴落であればなお良し。

上記の通り、現時点での利益を確定させ、一部解約する。

【資産運用】投資信託の含み損が-189,781円(-11%)に達しました。

過去の記事で、買い増しのルールを作っていた。
これに習って、売却時の考え方をまとめておく。
(残しておくことで、あとで自分の考え方や行動の是非が分かるため)

[ルール]
①含み益率10%以上
②直近半年以内に現在の価格以上の日がないこと
②直近3年以内の最低基準価額から20%以上上昇していること

これらのうち、2つを満たしていれば一部解約を行うものとする。

約225,000円分の現金余力は、積立投資に再投資する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*