2018年の資産運用方針をまとめてみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2018年の大方針は1点。

投資金額を2017年より増やします。

以下の図は、預貯金や株などが資産全体に占める割合の推移を示したもの。

1

100-年齢分のリスク資産を目標に掲げているものの、
2016年11月の48%がピークで、まだ半分以上は預貯金なのです。
投資信託も増やしているつもりで実は増えていない。

その方針に基づいた具体的施策は以下の通り。

①資産運用の柱! 積立投資を毎月15万円に。(2017年比 約+5万円/月)
国内、先進国、新興国の株価が堅調に推移すると想定。
積立投資を月15万円と積極的に買います。

②キャピタルゲインで積立をサポート。
FXにて、ドルとトルコリラをスイングトレードします。
毎月5,000円の利益確定を目標に狙えるタイミングで売買。

(1)ドル円は円安傾向にあると想定し、円高は押し目として買い増し。
ドル(現在112.68円/ドル)
 →-1円円高になるごとに5,000通貨買い増し。
  105円まで下がったとしてレバレッジ3倍150万円ほどの追加入金でOK

(2)外的要因さえなければトルコリラも期待。(現在29.72円/トルコリラ)
 →-1円円高になるごとに10,000通貨買い増し
  25円まで下がったとしてレバレッジ2倍70万円ほどの追加入金でOK

③毎月5万円貯蓄予定の資金は、全て各種暴落時の原資に。
(現時点で既に必要な現金は保有済み。生活資金および結婚&出産費用として。)

目標は、2018年末に1,740万円超え。

2017年は3,197,689円増だったので、2018年はさらに5%増の
3,357,574円増を目標とし、約1,736万円を見込む。

1ヶ月平均28万円を増やす計算になる。

以下は2015年からの月別資産増減推移。

2

毎月28万円資産増。

達成できそうかできないか微妙なラインですが、
頑張ります!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*