【確定拠出年金】拠出開始以来の利回りが6.17%に、ブレグジット以来の低さ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

運用状況は以下の通り。

1

2

拠出開始以来の利回りが6.17%に、ブレグジット以来の低さとなっています。

それもこれも、米中貿易戦争による株価下落が原因です。

日経は約半年ぶり、ダウは4ヶ月ぶりの低さ。

というわけで、このタイミングでスイッチングです。

現金余力として蓄えておいた定期預金から、
毎月の積立分、国内株、外国株を買い増しします。

————————————

確定拠出年金のスイッチングや利益確定のタイミングについて、
自分の中で以下のルールで実施していく方針です。

[スイッチングルール](定期預金→リスク資産)
①直近3ヶ月の下落率10%以上
②直近半年以内に現在の価格以下の日がないこと
③現在基準価格が過去最高価格から、(過去最高価格-取得単価)/2以上、下落していること
④臨時積立額は1ヶ月分、③までのルールで分配可

[利益確定ルール](リスク資産→定期預金)
①含み益率10%以上
②直近半年以内に現在の価格以上の日がないこと
②直近3年以内の最低基準価額から20%以上上昇していること

今後、どうなっていくかは誰もわからない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*