確定拠出年金

【確定拠出年金】再び国内株を購入する。

日経平均株価が大発会から5日連続で下落したのは戦後初なんだとか。
そんな歴史を塗り替える局面に立ち会ってるということで、
確定拠出年金の国内株を再度購入することにしました。

購入予定は1/13です。
前回10月初旬に17,800円で売却しましたが、
現在17,470円なので2日で330円上がらなければ
一応は勝ちになるかなと思います。
直近では2015/12/15の18,118円から、
12/17の18,866円まで748円上昇していますが、
むしろまだまだ下がるのではと予想しています。
17,000円くらいまでは。
で、投資信託の方も三菱eMAXIS新興国株を1/12に買い増しします。


こっちは既に2015年秋のチャイナショックを上回る下落を見せていますし、
1/12に上がっても100円に無いだろうと予想しているので。
ただ、アメリカの雇用統計は良かったので、来週は反発しそうですね。。。

【確定拠出年金】12月、利上げ来るか?その時、どうなる・・・?!

確定拠出年金(401k)の運用利回りが
10月上旬の7.25%から8.56%に改善してきました。


大きく足を引っ張っていた「野村J-REITファンド(確定拠出年金向け)」。
取得単価と評価額の差がだいぶ埋まってきています。

年内の大きなイベントとしては、アメリカの利上げ。
2015年7~9月期の国内総生産(GDP)の
物価の変動を除いた実質GDPの伸び率が年率換算で前期比2・1%増となったということで、
さらに可能性が高まった。
既に市場折り込み済みと言うが、どれほどの影響が出るのか。
定期という名の待機資金10万円をどこのタイミングで振り込むか、
また、他の資産の利益確定、スイッチングをどこのタイミングで行うか
確定拠出年金で儲けるための思考は続く。
 

【確定拠出年金】9月、放置していたのが悔やまれる。

DCJ確定拠出年金で利益確定を繰り返し、
僕は65歳までに最低でも1,400万円を得なければなりません。
なのに、この1年での運用利回りはたったの0.38%。
原因は、8月からの中国発の暴落の影響もありますが、
だんぜん野村J-REITファンド(確定拠出年金向け)です。
僕は確定拠出年金でもがんがん儲ける必要があって、
損をしなければいいやとかそんな気持ちではだめです。

国内株を売って退避していた分で、さらにREITを買い増しします。
その他↓
海外株、要監視。

国内株は10/6に売った際の単価17,800円を下回るまで、
毎月の拠出以外で買えない。

9月、確定拠出年金ほか、資産運用をおろそかにしていたのが悔やまれる。
あきらか買い増し時だったのになぁ、結果論か。。。

【確定拠出年金】10月、11月はまだまだ下がると予想。

運用利回りが7.25%まで下がっています。


・野村J-REITファンド(確定拠出年金向け)

取得単価を大きく下回っています。
——————————————-
今後は、戻りを探る展開を予想します。オフィス市況は順調に回復しています。
<中略>
日銀の追加の金融緩和への期待も下支え材料です。ただ、米国では年内利上げ開始の可能性があり、
米金融政策をめぐる思わくで振らされる場面もありそうです。
引き続き、中国経済の減速懸念が再燃することや、POによる需給悪化には注意が必要です。
(http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=15より抜粋)
——————————————-
取得単価を下げるために毎月の掛け金60%投入。
10月、11月で下がると予想して、そのタイミングでスイッチング予定。
・DCダイワ外国債券インデックス

様子見。
・三菱UFJDC国内株式インデックスファンド

まだ10月、11月で下がると予想して、少しでも利益があるうちに
一回、全部売ります。
黒田バズーカ2が発表されてから2日で1000円くらい上がったけど、
18,000円くらいまでであれば3発表後に買う。
逆に17,000円下回ったらいくらか買う。
・DCダイワ外国株式インデックス

取得単価を下げるために毎月の掛け金40%投入。
10月、11月で下がると予想して、そのタイミングでスイッチング予定。
ちなみに日本債権は買いません。
500円、1000円の範囲でうろちょろしてるだけなので。

【確定拠出年金】野村 J-REITファンド買い増し。

野村 J-REITファンド(確定拠出年金) の基準価額が
25,851円と26,000円を下回りました。

損益率も-3.17%になっています。

というわけで、買い増しを25,851円分行いました。
国内株式市場へ資金が流れていることが大きな要因で、
金利が上昇するとさらにマイナス材料になるようです。
今後もまだまだ下がる可能性はあるので、
25,000円になったらまた買い増ししよう。

【確定拠出年金】5/2に実施したスイッチング結果

5/2に実施したスイッチング結果が分かりました。
【確定拠出年金】日経平均株価の下落と今後の作戦。
http://hirokeke2014.jugem.jp/?eid=449

>>①DCダイワ外国株式インデックスを50%(現時点で約5万)売って、
注文時の単価より50円ほど安い売却となったが、
概ね天井付近での売却を実施。

利益確定額1400円。
>>②野村J-REITファンド(確定拠出年金向け)に2万
1口26,131円で0.8102口購入、これで取得単価が-60円の26,696円に。

5/17時点で26,251円なので+97円。
>>③三菱UFJDC国内株式インデックスファンドに3万
1口19,190円で1.6550口購入、これで取得単価が+1147円の17,374円に。

5/17時点で19,227円なので+61円。
このタイミングだけで言うと、成功と判断。
来週からの動きがどうなるのか。
 

【確定拠出年金】日経平均株価の下落と今後の作戦。

DCJ 確定拠出年金の運用状況は以下の通りです。

株価が下がるのをずっと待っている状況でしたが、
今週ついに大きく下げました。

以下の記事によると、5/13くらいまでは下がり続けてもおかしくはないとのこと。
株式週間展望=連休の合間、下値模索か―企業決算や米雇用統計にらみ慎重姿勢
http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20150502-00930829-mosf-market
過去の調整局面を見ると、日経平均は昨年12月中旬にピークから1358円、
12月末-今年1月には1322円下落し、底打ちしている。
今回も同様の動きを見せると仮定すれば、4月23日に2万252円で
天井を付けた日経平均は1万8900円程度まで調整し、日柄では5月8-13日あたりが底打ちの目安となる。
1万9000円を割り込んだ水準が当面の反発ラインとして意識されそうだ。
そして円安と、NWダウの堅調


というわけで、また動かします。利益確定&スイッチングです。
確定拠出年金で儲かる唯一の手段ですからね。
作戦としてはこんな感じです。
①DCダイワ外国株式インデックスを50%(現時点で約5万)売って、
②野村J-REITファンド(確定拠出年金向け)に2万
③三菱UFJDC国内株式インデックスファンドに3万

売却時、購入時の価格、取得単価についてはまたこのブログで報告します。
これでまた日経平均が20000円を超えたら、半分くらい売ってしまおう。
ずるずる下がり続けたら、それはそれでチャンスなので
その時の状況見て考えます。

【確定拠出年金】野村 J-REITファンドで含み損発生中。

野村 J-REITファンド(確定拠出年金) の基準価額が取得単価を下回った。


現状、取得単価が26,756円とかなりの高値掴みなので、むしろこれはチャンス。
26,000円、25,500円まで下回ったあたりで、定期預金から少し買い増そうと思う。

【確定拠出年金】取得単価が現在の基準価額に接近中。

DCJ 確定拠出年金の運用状況は以下の通りです。


確定拠出年金の儲け方は、通常の投資と同様で、
安い時に買って高い時に売って利益確定させると言う方法が
基本中の基本です。
このブログでも1年以上、運用状況を記録してきましたが
スイッチングを何度も繰り返して利益確定させてきています。
ずっと右肩上がりだっただけというのが理由ですが、特に失敗はありません。
ただ、毎月の積立含めて追加で購入したりしているので、
取得単価がどんどん増えてきています。

外国債、外国株、最近、
国債から乗り換えた野村J-REITファンド(確定拠出年金向け)も同様です。
DCダイワ外国株式インデックス

DCダイワ外国債券インデックス

野村J-REITファンド(確定拠出年金向け)

そんな状態というのと、かつ、日経平均が20,000円を超えるような株高の今、
今度はいつ下がるのかが非常に気になっています。
まだまだ伸びるやら、実経済が着いてきていないやらありますが、
僕自身は何となく3ヶ月以内に21,000円くらいまでは行く気がしています。
(根拠なし!)
なので今後の作戦としてはこんな感じ。
・日本株
日経平均が20,500円を超えたら定期預金にスイッチング
日経平均が19,300円を切っても定期預金にスイッチング
・外国株・外国債
利上げに関する情報が出てくるまで様子見。
・野村J-REITファンド(確定拠出年金向け)
様子見
・定期預金
今の取得単価を下回るものが出てきたら、そこに回す計画。
今の状況で言うと、野村J-REITファンド(確定拠出年金向け)に継ぎ足すことになりそう。
日経平均株価

NEダウ

ドル/円

 

【確定拠出年金】外国株、日本株の下落に備える。

円安・株高の昨今、いかにDCJ確定拠出年金で儲けるか。
日夜、不眠不休で検討しています。
現在の運用状況は以下の通り。


最近の動きと言えば、2/20に大幅な運用商品預替(スイッチング)を行いました。

以上の売却分で全て日本国債を購入。
この時の利益確定額は約19,800円でした。
次に、3/2頃、その日本国債を売り、
外国株、外国債を購入しました。
この時の利益確定額は約100円でした。

これらの結果、日本国債、外国株、外国債の取得単価が上昇。
冒頭の図「商品別の状況」にある通り、損益率が+ぎりぎり、
もしくはマイナスと言った状況になっています。
外国債

外国株

日本国債

大和住銀DC日本バリュー株ファンド

三菱UFJ DC国内株式インデックスファンド

外国株が下がり始めたらすぐにマイナスになってしまうので要注意なのと、
国内株が感じ的に天井付近なのでいかにして利益確定タイミングを誤らないようにするか
が今後のポイントと思います。
日経平均株価

NWダウ

ドル/円