資産運用

【資産運用】働けど、働けど、この3ヶ月間で50万消失。

――ワーキングプア

働けど働けど、貧困から抜け出せない。

今年に入ってからの総資産推移を見ているとそんな言葉が頭に浮かんだ。

1

実際は余剰資金での「投資」の話なので、
そんな言葉を使うと怒られるのではあるが、
年初から総資産は減る一方。

原因は、何度かブログにも書いているし、
皆さんも既知の事実なんだが、再度まとめると、以下の通り。

この3ヶ月間で

日経平均1,500円下落
NYダウ1,000ドル下落
ドル円6円下落
トルコリラ円3円下楽

そりゃ減るわ。

この状況下で順調に資産を増やせるんだったら、
もうちょい賢そうなブログになってるし。

次の3ヶ月間は、さすがに同じように下がり続けはしないだろうし、
「時間」を味方につけて、淡々と積み立て続けるのみ。

ドル円、トルコリラ円も1円下がるごとに少しずつ買い増し中。

いつか花開くことを夢見て…。

【投資信託】買い増しチャーンス!イエア!

株、投資信託、FX、軒並み下落すぎて
書きたいことがありますが、まずは投資信託から。

投資信託の状況は以下の通り。

1

下落、下落、下落!

なんでもその理由が
アメリカと中国が貿易戦争とな…。

・米中の「貿易戦争」に対する懸念が広がる中、大幅続落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比424.69ドル安の2万3533.20ドルと、約4カ月ぶりの安値水準で終了した。

・「この1-2年、日本の企業収益を押し上げる要因は為替と原材料安だった。このままでは両方ともなくなり、売り上げを伸ばす以外に業績ドライブファクターがなくなる」

上記2点はいずれもYahooニュース抜粋。

これは来てますね、荒波が。

株価大幅下落、円高。

そして、買いチャンス。

【投資信託】いくら考えても、残念ながら今は買い時じゃない。

先日2/11の記事の中で、自分の中の買い増しルールを定めていました。

[ルール]
①直近3ヶ月の下落率10%以上
②直近半年以内に現在の価格以下の日がないこと
③現在基準価格が過去最高価格から、(過去最高価格-取得単価)/2以上、下落していること
④臨時積立額は1ヶ月分、③までのルールで分配可

このルールに見事にヒット。

ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

2

①26,625円 (18/01/23)から15%下落
②2017/10/6以来
③過去最高26,625-取得単価20,461/2=3,082、現在22,769円で3,856円下落している
④15,000円

三井住友TAM-SMT グローバル株式インデックス・オープン

3

①17,964円 (18/01/23)から12%下落
②2017/9/13以来
③過去最高17,964-取得単価14,684/2=1640、現在15,869円で2,095円下落している
④48,000円

下手したら、2017年分の上昇全て取り消しまで下がりそうな気もします。

その時は、そうですね、また買いチャンスですね。

そう。止まない雨はないのだから。。。(キリッ

【FX】含み損過去最大。ついに-140万円突破。

今年に入り、8万円ものスワップを得ていますが、

円高、トルコリラ安により含み損がマイナス29万円増加したため、

20万円も減りました。

また、含み損が過去最悪のマイナス140万円を突破しました。

1

おはぎゃああああああああ
こんにちぎゃあああああああ
こんばんぎゃああああああああああああああ

最悪想定ドル円 100円/ドル
最悪想定ドルトルコリラ 4ドル/トルコリラ

今後、25円/トルコリラまで悪化したとすると、
マイナス170万円になる想定。

マジで、欲出さずに投資信託に積み立て続けていれば…。

逆に10万円くらいは含み益になっていたはずなのに…。

鬱死。

【株式投資】IPOなら勝率は85%!知らなかった。

IPO投資ってなんか敷居高そうじゃないですか?

なんだか難しそうで、これは完全にイメージですけど、
株式投資をばりばりやってて、投資に関して熟知してそうな人が
やってそうなイメージでした。

だけどそうじゃないんですね。

誰でも簡単にできる上に、

実は80%以上の確率でボロ儲け。

以下、抜粋。

—————————————-

では、直近5年間の勝率について見てみましょう(2017年については10月3日時点の状況です)。

年 上場件数 勝敗 勝率
2017年 55件 50勝5敗 90.9%
2016年 83件 67勝15敗1分 80.7%
2015年 92件 82勝8敗2分 89.1%
2014年 77件 59勝15敗3分 76.6%
2013年 54件 52勝1敗1分 96.3%
5年計 361件 310勝44敗7分 85.9%
ここ5年間のIPO投資の勝率は、なんと85.9%にもなります。

IPO投資の4個のメリットと3個のデメリット~勝率85%のIPOにリスクは有るのか~

—————————————-

マジか?!

勝率が高い上に、初値が募集時の1.5倍以上になることもザラ。

マジか??!!

これだから情弱は困る…。

挑戦するしか無いだろこれは。

そんな折に見つけたのが、これ。

IPO手帳

完全無料サービス。

すぐに登録しました。

スケジュールを押さえて、かつ、IPO投資に当選するコツもまとめられてます。

株式投資はIPO投資作戦に切り替えていこうと思います。

【投資信託】繰り上げ償還事案発生!ブラックロック-i-mizuho東南アジア株式インデックス

ブラックロック-i-mizuho東南アジア株式インデックス
の積立を2/21を最後にストップしました。

目標30億円の運営資金に対し、7億円しか集まらないことに伴う
繰上償還の検討連絡が来たためです。

アンケートと言いつつ、繰上償還は実質確定なんだろうな。
7億円だと運用が不安定なんです、と言っている以上、信頼感がないので。

さて、次はどこに積み立てるか。

思い起こせば、ブラックロック-i-mizuho東南アジア株式インデックス
は約半年前に以下理由で積み立てていた。

mizuho東南アジア株式インデックスは、
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア
と、まだまだ人口ボーナスが見込まれる国が中心だということ。

【投資信託】i-mizuho東南アジア株式インデックス

信託報酬 (税込)/年 0.6804%
信託財産留保額 0.3%
と手数料が割高なのを承知で将来性を感じて積み立て開始。

その考えに一番合ってて、かつ、手数料などを鑑みて、

大和-iFree 新興国株式インデックス

君に決めた!

1

2
(左から大和-iFree、i-mizuho、三菱UFJ国際-eMAXIS新興国株式インデックス)

ちなみに、今回の件で
ブラックロック-i-mizuho東南アジア株式インデックス
は売るべきか売らないべきか。

「信託財産留保額」が繰上償還される投信に設定されているかどうかがポイント。

繰上償還前に売ると信託財産留保額を取られるが、
繰上償還されれば、信託財産留保額は取られない。

もう少し、様子見ます。

【資産運用】気軽、かつ、少額で始める投資。おつり投資。

私は常々こう言ってきた。

・投資は早く始める方が良い
 常に始め時は今

・少額でも意味がある

と。

それでもなかなか「投資」というものが
世に浸透しない日本。

どんだけ腰が重いのだと。

しょうがない。

投資よく分からん、めんどくさい、という人のために、
本日は、冒頭の2点を満たしつつ、めんどくさいも解消する仕組みを紹介する。

おつりで投資 トラノコ



まずは、つたない紹介文よりもこの動画で。

毎日の買い物データを収集、その「おつり分」を自動的に運用
■データが収集されるのはクレジットカードや電子マネーでの買い物、
現金決済の場合は提携家計簿アプリにレシートをアップロード
■投資に回る「おつり」は設定次第。320円のコーヒーの場合、
 100円単位設定であれば80円。500円、1000円単位設定も可能

投資資金は毎月自動引き落とし
■買い物の度に表示される「おつり」を、ユーザーが投資する/しないの判断。
 「投資する」おつりの総額が毎月一回投資口座に自動的に回る
■最低投資金額5円、それ以上は1円刻みで投資可能

証券口座にお金を入れて、、、積立設定して、、、
というほんとうに初めての人には少々たいそうなことも、
トラノコであれば、買い物した時のおつりを貯金箱に入れる感覚。

自分のペースで投資できるというポイントもメリット。

ただし。

投資したお金はどれくらい増えるの?損しないの?

という不安もあると思う。

「積立投資」と検索して、ドルコスト法とか、
過去30年間の日経平均やニューヨークダウの伸び率を見てみよう。

月額利用料300円についても、3ヶ月間無料。

始め時は常に今!

私も申し込む前にいろいろと調べました。

トラノコは資産運用に使える?お釣りでコツコツ投資アプリの口コミ評価
1億人の投資術(トラノコは資産運用に使える?お釣りでコツコツ投資アプリの口コミ評価)

イケダハヤトさんもやっているようです。
イケダハヤトさんもやっているようです。

最後に。

なぜこういう紹介をするのかと言うと、
みんなに投資をしてほしいから。

みんなが投資すると、株価上昇で、自分の利益も上がるから。
あと、インフレリスクもあるので。(=預金してたら損するということ)



【資産運用】2018年ここまでと、これからの作戦。

年初、以下のような目標を立てていた。

———————————————-

目標は、2018年末に1,740万円超え。

2017年は3,197,689円増だったので、2018年はさらに5%増の
3,357,574円増を目標とし、約1,736万円を見込む。

1ヶ月平均28万円を増やす計算になる。

2018年の資産運用方針をまとめてみた。

———————————————-

この目標に対して、早くも厳しい状況になっている。

・1月は+209,393円だが、目標28万円の75%。
・2月はここまで-51.5万円で、保有資産の回復、給与考慮しても
 -5万円の見込み。

月単位で目標を定めると、
相場の変動に大きく左右されることに気付いた。(ようやく)

投資信託とか積立額が多くなればなるほど、
-1%とか少しの変動でも5万円近く下落するので、
運要素が高い。

となると、年間目標+336万円の増加をどうやって実現すればよいのか。

120万は貯金。

残り216万円だが、
投資信託が+3%になったとして、196万円。

まだ20万円足りない。

となると、FXで補うしか無い。

現実は、投資信託、FXともに年初から合計で-30万円以上減少中なので、
今年は去年より積極的に売買、追加投資していかないと
お金が増えないということが判明。

投資のための検討時間を増やす。

【FX】再び含み損が140万円に迫ってきた。

FXの運用状況ですが、3ヶ月ぶりに含み損が140万円に迫ってきました。

1

主たる原因は、トルコリラの下落です。

年初から1円以上値下がっていて、16枚持っているので
それだけで-16万円の含み損増加。

スワップは85円/枚なので、1日1,360円。1年で496,400円。

現在のスワップが維持される前提で、
年初から3.1円下がってもトントンです。

26.7円くらいまでは。

これを見ていると、いけなくはない、か?

【投資信託】日本国債保有率0%計画

投資信託状況は以下の通り。

1

売る気まんまんで状況監視中なのがありまして、それは
「東京海上-東京海上・物価連動国債ファンド」

2014年5月から、多い時で月に1万円積み立てていたファンドです。

積立を始めた当初の購入理由としては、日本の物価連動国債に投資することで、
アベクロさんが目指す物価上昇2%が発動しても、それ分のリターンを得られると考えたから。

<目論見書より抜粋>
・主として日本の物価連動国債に投資します。
・将来のインフレリスクを回避することにより実質的な資産価値の保全を図りつつ、安定した収益の確保を目指します。

<2014/5/17 自身のブログにて談>
・東京海上・物価連動国際ファンドは、これから物価が上がっていくんじゃね?的な気持ちで購入。

金持ちになれると聞いて、投資信託始めました。~働きたくないけどお金は欲しいでござる~ Vol.005

自分の書いた記事を読み返すと、
「天命に任せるぜ。」
とか言っちゃってます。

ちょっとあとで、昔の自分叱っておきます。

で。

なぜ「東京海上-東京海上・物価連動国債ファンド」を売りたいのか。

理由が4つあります。

2

①基準価額減少中、リターンが低い。むしろマイナス。
2014年5月から見ると、3年以上待ってみたもののノーリターン。
リターンが少ない=リスクが少ない、ということは承知ですが、
そもそも、長期投資を考える上で僕はまだ守りに入る必要はなかった。
がんがんいこうぜ。

②償還日が決まっている。
2020/10/26でこのファンドは終了です。残りたったの3年弱。
そもそも長期投資という考えに反していた。

③信託報酬が高い。
信託報酬 (税込)/年0.4752%。
国内債券の他のファンドを見ていると多くても0.2%のように思える。
長期投資を考える上で、信託報酬を考慮できていなかった。

④純資産総額減少中。
2014年ピーク時の2130百万円から現在は半分以下の721百万円。
(2015年の急激な増減は除く)
保有されている皆さんも同じような考えで逃げ出しているような気がします。

なお、これを売れば34万円の現金余力が増えます。

3年6ヶ月で利益を生み出さず、投資効率を低下させていたこのお金を
別に回すことができます。

34万円が1%でも増えれば損失はほぼ回収できるので、
今売っても良いとも思いますが、3月までは株高の流れに乗って
上がっていきそうにも思いますので、監視中です。

日本国債保有率0%計画、始動。

【資産運用】たったの370円。されど370円。

2018年の資産運用方針をまとめてみた。

年初に立てた資産運用方針にて、以下を記載しました。

—————————————–
②キャピタルゲインで積立をサポート。
FXにて、ドルとトルコリラをスイングトレードします。
毎月5,000円の利益確定を目標に狙えるタイミングで売買。
—————————————–

今週ゲットした利益確定額は、すばり、

370円。

1/3、1/4でデイトレした結果です。

1

1/5にぐんぐん伸びているのを逃しているのは、もはや自分の定番。

か、会社に行ってたんだからね!

さて。

この370円をどうするか。

投資します。

まさに複利効果。

この370円がさらにお金を生み出します。

370円(1ヶ月1,480円)を年利3%で10年間積み立て続けると、
約2万8000円を生み出してくれます。

2
http://svc.qri.jp/shinsei-calc/

笑うことなかれ。

もともとなかったお金から、これだけ生まれているのです。

お金持ちは一日にしてならず。

邁進します。