資産運用

【資産運用】2018年ここまでと、これからの作戦。

年初、以下のような目標を立てていた。

———————————————-

目標は、2018年末に1,740万円超え。

2017年は3,197,689円増だったので、2018年はさらに5%増の
3,357,574円増を目標とし、約1,736万円を見込む。

1ヶ月平均28万円を増やす計算になる。

2018年の資産運用方針をまとめてみた。

———————————————-

この目標に対して、早くも厳しい状況になっている。

・1月は+209,393円だが、目標28万円の75%。
・2月はここまで-51.5万円で、保有資産の回復、給与考慮しても
 -5万円の見込み。

月単位で目標を定めると、
相場の変動に大きく左右されることに気付いた。(ようやく)

投資信託とか積立額が多くなればなるほど、
-1%とか少しの変動でも5万円近く下落するので、
運要素が高い。

となると、年間目標+336万円の増加をどうやって実現すればよいのか。

120万は貯金。

残り216万円だが、
投資信託が+3%になったとして、196万円。

まだ20万円足りない。

となると、FXで補うしか無い。

現実は、投資信託、FXともに年初から合計で-30万円以上減少中なので、
今年は去年より積極的に売買、追加投資していかないと
お金が増えないということが判明。

投資のための検討時間を増やす。

【FX】再び含み損が140万円に迫ってきた。

FXの運用状況ですが、3ヶ月ぶりに含み損が140万円に迫ってきました。

1

主たる原因は、トルコリラの下落です。

年初から1円以上値下がっていて、16枚持っているので
それだけで-16万円の含み損増加。

スワップは85円/枚なので、1日1,360円。1年で496,400円。

現在のスワップが維持される前提で、
年初から3.1円下がってもトントンです。

26.7円くらいまでは。

これを見ていると、いけなくはない、か?

【投資信託】日本国債保有率0%計画

投資信託状況は以下の通り。

1

売る気まんまんで状況監視中なのがありまして、それは
「東京海上-東京海上・物価連動国債ファンド」

2014年5月から、多い時で月に1万円積み立てていたファンドです。

積立を始めた当初の購入理由としては、日本の物価連動国債に投資することで、
アベクロさんが目指す物価上昇2%が発動しても、それ分のリターンを得られると考えたから。

<目論見書より抜粋>
・主として日本の物価連動国債に投資します。
・将来のインフレリスクを回避することにより実質的な資産価値の保全を図りつつ、安定した収益の確保を目指します。

<2014/5/17 自身のブログにて談>
・東京海上・物価連動国際ファンドは、これから物価が上がっていくんじゃね?的な気持ちで購入。

金持ちになれると聞いて、投資信託始めました。~働きたくないけどお金は欲しいでござる~ Vol.005

自分の書いた記事を読み返すと、
「天命に任せるぜ。」
とか言っちゃってます。

ちょっとあとで、昔の自分叱っておきます。

で。

なぜ「東京海上-東京海上・物価連動国債ファンド」を売りたいのか。

理由が4つあります。

2

①基準価額減少中、リターンが低い。むしろマイナス。
2014年5月から見ると、3年以上待ってみたもののノーリターン。
リターンが少ない=リスクが少ない、ということは承知ですが、
そもそも、長期投資を考える上で僕はまだ守りに入る必要はなかった。
がんがんいこうぜ。

②償還日が決まっている。
2020/10/26でこのファンドは終了です。残りたったの3年弱。
そもそも長期投資という考えに反していた。

③信託報酬が高い。
信託報酬 (税込)/年0.4752%。
国内債券の他のファンドを見ていると多くても0.2%のように思える。
長期投資を考える上で、信託報酬を考慮できていなかった。

④純資産総額減少中。
2014年ピーク時の2130百万円から現在は半分以下の721百万円。
(2015年の急激な増減は除く)
保有されている皆さんも同じような考えで逃げ出しているような気がします。

なお、これを売れば34万円の現金余力が増えます。

3年6ヶ月で利益を生み出さず、投資効率を低下させていたこのお金を
別に回すことができます。

34万円が1%でも増えれば損失はほぼ回収できるので、
今売っても良いとも思いますが、3月までは株高の流れに乗って
上がっていきそうにも思いますので、監視中です。

日本国債保有率0%計画、始動。

【資産運用】たったの370円。されど370円。

2018年の資産運用方針をまとめてみた。

年初に立てた資産運用方針にて、以下を記載しました。

—————————————–
②キャピタルゲインで積立をサポート。
FXにて、ドルとトルコリラをスイングトレードします。
毎月5,000円の利益確定を目標に狙えるタイミングで売買。
—————————————–

今週ゲットした利益確定額は、すばり、

370円。

1/3、1/4でデイトレした結果です。

1

1/5にぐんぐん伸びているのを逃しているのは、もはや自分の定番。

か、会社に行ってたんだからね!

さて。

この370円をどうするか。

投資します。

まさに複利効果。

この370円がさらにお金を生み出します。

370円(1ヶ月1,480円)を年利3%で10年間積み立て続けると、
約2万8000円を生み出してくれます。

2
http://svc.qri.jp/shinsei-calc/

笑うことなかれ。

もともとなかったお金から、これだけ生まれているのです。

お金持ちは一日にしてならず。

邁進します。

【株式投資】日経平均741円高でスタート!で、俺のは???

昨年末から+741.39円 (+3.26%)で始まった今年、
俺の保有株の状況はと言うと、以下の通り。

2

+0.95%

市場では世界的な景気拡大を背景に、2018年も日本を含めた
世界的な株高が続くとの強気の見方が大勢を占めるようだけど、
保有株には無縁。

84万円分の資金が完全に塩漬け。

株に対する勉強代と思えば良いけど、悔しい。

7823 アートネイチャー
→延べ来店顧客数は前年比とほぼ同じくらいなのに、いかんせん売れない。
 上期95.3%、下期も10、11月で93%くらい。
 なにより利益率の下がりまくり。なんで???
 かつら諦めて、女性向け増毛と、その他商品(何か知らないけど)に絞ったら???
 
4651 サニックス
 →赤字をまず何とか。

6740 JDI
 →赤字をまず何とか。

はぁぁぁぁ。。。ため息。

2018年の資産運用方針をまとめてみた。

2018年の大方針は1点。

投資金額を2017年より増やします。

以下の図は、預貯金や株などが資産全体に占める割合の推移を示したもの。

1

100-年齢分のリスク資産を目標に掲げているものの、
2016年11月の48%がピークで、まだ半分以上は預貯金なのです。
投資信託も増やしているつもりで実は増えていない。

その方針に基づいた具体的施策は以下の通り。

①資産運用の柱! 積立投資を毎月15万円に。(2017年比 約+5万円/月)
国内、先進国、新興国の株価が堅調に推移すると想定。
積立投資を月15万円と積極的に買います。

②キャピタルゲインで積立をサポート。
FXにて、ドルとトルコリラをスイングトレードします。
毎月5,000円の利益確定を目標に狙えるタイミングで売買。

(1)ドル円は円安傾向にあると想定し、円高は押し目として買い増し。
ドル(現在112.68円/ドル)
 →-1円円高になるごとに5,000通貨買い増し。
  105円まで下がったとしてレバレッジ3倍150万円ほどの追加入金でOK

(2)外的要因さえなければトルコリラも期待。(現在29.72円/トルコリラ)
 →-1円円高になるごとに10,000通貨買い増し
  25円まで下がったとしてレバレッジ2倍70万円ほどの追加入金でOK

③毎月5万円貯蓄予定の資金は、全て各種暴落時の原資に。
(現時点で既に必要な現金は保有済み。生活資金および結婚&出産費用として。)

目標は、2018年末に1,740万円超え。

2017年は3,197,689円増だったので、2018年はさらに5%増の
3,357,574円増を目標とし、約1,736万円を見込む。

1ヶ月平均28万円を増やす計算になる。

以下は2015年からの月別資産増減推移。

2

毎月28万円資産増。

達成できそうかできないか微妙なラインですが、
頑張ります!!

【FX】2017年の通算成績+55,335円

2017年のFX運用結果は以下の通り。

スワップ獲得:313,276円(1日858円)
利益確定額:222,879円
含み損拡大:-480,820円
——————————
FX資産:+55,335円

1

含み損の拡大理由としては、2点。

・トルコリラが3円円高。
・取得単価102円からのドル売り2.9枚とそのスワップ

2018年はどうなるのか。

トルコ自体の経済は良好と聞くので、
あとはアメリカやEUと仲良くやってもらうことを祈るのみです。

含み損をスワップで消化するシミュレーション。

+2円: 702日(スワップ80円) 2年
+1円: 827日(スワップ80円)
±0円: 952日(スワップ80円)
-1円:1,230日(スワップ70円)
-2円:1,602日(スワップ60円) 4年4ヶ月

前向きに考えてもあと2年は含み損とお付き合い。

とほほ。

参考:2016年のFX運用結果

【FX】今年の通算成績-393,756円。

【資産運用】2017年振り返り

今年ももう終わり。

2014年4月頃から開始した資産運用も3年半が過ぎ
その状況は以下の通りとなっている。

1

月別の総資産額推移。
※日経平均株価、ドル円、NYダウは2014年11月を1とた場合の比率

資産全体は前年同月比で3,197,689円増加の約1.30倍。

増加率は、2016年1月~12月の1,641,792円に対し約1.95倍。

株価と投資信託の含み益が243,372円とプラスに転じたものの、
FXでの含み損が-1,141,823円と合計で
-898,451円(6.42%)もの損失が発生中なだけに、
決して資産運用は成功しているとは言えない。

現金、株+FX、積立投資別の保有金額推移とその比率は以下の通り。

2

3

リスク資産保有率について「100-年齢」(66%)を目標にしているので
株+FX、積立投資というリスク資産保有率が約45%というのは
まだまだ十分に運用ができていない状況となる。

と言いつつ、上述通り含み損が100万円に届きそうなので、
より慎重な運用が必要。

————————————

今年は日経、NYダウともに記録を塗り替えるような上昇を見せたおかげで、
今まで積み立てていた投資信託が大きく芽を出した。

株、FXは昨年の反省点をもとに慎重に売買を実施。

トルコリラの下落により含み損は大きく膨らんだが、
FX純資産(含み損-スワップ-利益確定額)は約5万円
昨年より増加した。

来年は、毎月の貯金額を減らし、積立投資中心に
資産運用していきたい。

関連:【資産運用】2016年振り返り

【資産運用】2016年振り返り

【資産運用】セミリタイヤ、あきらめるしかないのか。

30歳とか、40歳とか、一体どうやったら
その年代で早期リタイヤできるというんだい???

以下の図は、60歳に退職、65歳から年金受給、90歳まで生きるという前提で
60歳までに6500万円必要であるという見積もりに基づき、
早期退職年齢別の「不足金」を示したものです。

1

これによると、来年34歳で会社をやめようものなら、
1億5,475万円が必要。

40歳でも1億1,766万円

50歳でも4,825万円

55歳でようやく、数年間は質素な生活するのであれば
やめられるかな、くらい。

毎月の生活費を余裕にある25万円前提で計算しているから、
さすがにそのレベルの生活は諦めるにしても、
それでも30歳とか、40歳とかで早期リタイヤするなんて、
本当に無謀なんじゃないか???

ブログとかには出していない隠し資産とかないと。

どういう費用見積もりでセミリタイヤを決定したのか、
教えていただきたいものです。マジで気になる。

あと、セミリタイヤも2種類にわけられる。

・貯金切り崩し型
・インカムゲイン型

どちらが良いのかと言えば、断然、後者。
経済的にも、何より精神的にも。

自分で考えられる、毎月25万円(年間300万円)を生み出す仕組みは以下の通り。

①株配当3%として1億円が必要
リスク★★☆☆☆

②アメリカドルでスワップポイント(1枚40円、113円/ドル計算)
レバレッジ5倍でも、約4,700万円が必要。
リスク★★★★☆

③トルコリラのスワップポイント(1枚80円計算、29円/トルコリラ計算)
レバレッジ5倍で約600万円が必要。
リスク★★★★★★★★★★

死ぬまでトルコリラが想定通りに安定することが前提
ギャンブルすぎる

【資産運用】投資元本は多ければ多いほど良い。当たり前体操以上に当たり前。

投資元本は多ければ多いほど良い。

常識であることをあえて言います。

100円ずつ積立。
決して無駄ではありません。

運用利回り5%として、働かずして勝手に1年で5年生み出されます。
素晴らしいですね。

ただ、1万円なら500円、100万円なら5万円です。

当たり前体操より当たり前です。

何が言いたいのかというと、投資と節約はセットだということです。

100万円投資で儲けて100万円散財した、
でもありと言えばありですが、「がちょうの卵」理論からすると非常にもったいない。

毎年1個卵を生むがちょうがいて、Aさんは毎年その1個を食べてしまうが
Bさんは1年だけ我慢して翌年2羽、次の年は3羽と
どんどん卵を増やしていくというお話です。

100万円設けたら100万円再投資して、投資元本を増やして
どんどん豊かになっていきましょう。

という気持ちで、今日、安いところでも2万円弱するちょっと変な買い物を我慢した俺は偉い!!!

将来の俺、褒めて!