投資信託

【投資信託】買い増しチャーンス!イエア!

株、投資信託、FX、軒並み下落すぎて
書きたいことがありますが、まずは投資信託から。

投資信託の状況は以下の通り。

1

下落、下落、下落!

なんでもその理由が
アメリカと中国が貿易戦争とな…。

・米中の「貿易戦争」に対する懸念が広がる中、大幅続落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比424.69ドル安の2万3533.20ドルと、約4カ月ぶりの安値水準で終了した。

・「この1-2年、日本の企業収益を押し上げる要因は為替と原材料安だった。このままでは両方ともなくなり、売り上げを伸ばす以外に業績ドライブファクターがなくなる」

上記2点はいずれもYahooニュース抜粋。

これは来てますね、荒波が。

株価大幅下落、円高。

そして、買いチャンス。

【投資信託】いくら考えても、残念ながら今は買い時じゃない。

先日2/11の記事の中で、自分の中の買い増しルールを定めていました。

[ルール]
①直近3ヶ月の下落率10%以上
②直近半年以内に現在の価格以下の日がないこと
③現在基準価格が過去最高価格から、(過去最高価格-取得単価)/2以上、下落していること
④臨時積立額は1ヶ月分、③までのルールで分配可

このルールに見事にヒット。

ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

2

①26,625円 (18/01/23)から15%下落
②2017/10/6以来
③過去最高26,625-取得単価20,461/2=3,082、現在22,769円で3,856円下落している
④15,000円

三井住友TAM-SMT グローバル株式インデックス・オープン

3

①17,964円 (18/01/23)から12%下落
②2017/9/13以来
③過去最高17,964-取得単価14,684/2=1640、現在15,869円で2,095円下落している
④48,000円

下手したら、2017年分の上昇全て取り消しまで下がりそうな気もします。

その時は、そうですね、また買いチャンスですね。

そう。止まない雨はないのだから。。。(キリッ

【投資信託】繰り上げ償還事案発生!ブラックロック-i-mizuho東南アジア株式インデックス

ブラックロック-i-mizuho東南アジア株式インデックス
の積立を2/21を最後にストップしました。

目標30億円の運営資金に対し、7億円しか集まらないことに伴う
繰上償還の検討連絡が来たためです。

アンケートと言いつつ、繰上償還は実質確定なんだろうな。
7億円だと運用が不安定なんです、と言っている以上、信頼感がないので。

さて、次はどこに積み立てるか。

思い起こせば、ブラックロック-i-mizuho東南アジア株式インデックス
は約半年前に以下理由で積み立てていた。

mizuho東南アジア株式インデックスは、
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア
と、まだまだ人口ボーナスが見込まれる国が中心だということ。

【投資信託】i-mizuho東南アジア株式インデックス

信託報酬 (税込)/年 0.6804%
信託財産留保額 0.3%
と手数料が割高なのを承知で将来性を感じて積み立て開始。

その考えに一番合ってて、かつ、手数料などを鑑みて、

大和-iFree 新興国株式インデックス

君に決めた!

1

2
(左から大和-iFree、i-mizuho、三菱UFJ国際-eMAXIS新興国株式インデックス)

ちなみに、今回の件で
ブラックロック-i-mizuho東南アジア株式インデックス
は売るべきか売らないべきか。

「信託財産留保額」が繰上償還される投信に設定されているかどうかがポイント。

繰上償還前に売ると信託財産留保額を取られるが、
繰上償還されれば、信託財産留保額は取られない。

もう少し、様子見ます。

【投資信託】日本国債保有率0%計画

投資信託状況は以下の通り。

1

売る気まんまんで状況監視中なのがありまして、それは
「東京海上-東京海上・物価連動国債ファンド」

2014年5月から、多い時で月に1万円積み立てていたファンドです。

積立を始めた当初の購入理由としては、日本の物価連動国債に投資することで、
アベクロさんが目指す物価上昇2%が発動しても、それ分のリターンを得られると考えたから。

<目論見書より抜粋>
・主として日本の物価連動国債に投資します。
・将来のインフレリスクを回避することにより実質的な資産価値の保全を図りつつ、安定した収益の確保を目指します。

<2014/5/17 自身のブログにて談>
・東京海上・物価連動国際ファンドは、これから物価が上がっていくんじゃね?的な気持ちで購入。

金持ちになれると聞いて、投資信託始めました。~働きたくないけどお金は欲しいでござる~ Vol.005

自分の書いた記事を読み返すと、
「天命に任せるぜ。」
とか言っちゃってます。

ちょっとあとで、昔の自分叱っておきます。

で。

なぜ「東京海上-東京海上・物価連動国債ファンド」を売りたいのか。

理由が4つあります。

2

①基準価額減少中、リターンが低い。むしろマイナス。
2014年5月から見ると、3年以上待ってみたもののノーリターン。
リターンが少ない=リスクが少ない、ということは承知ですが、
そもそも、長期投資を考える上で僕はまだ守りに入る必要はなかった。
がんがんいこうぜ。

②償還日が決まっている。
2020/10/26でこのファンドは終了です。残りたったの3年弱。
そもそも長期投資という考えに反していた。

③信託報酬が高い。
信託報酬 (税込)/年0.4752%。
国内債券の他のファンドを見ていると多くても0.2%のように思える。
長期投資を考える上で、信託報酬を考慮できていなかった。

④純資産総額減少中。
2014年ピーク時の2130百万円から現在は半分以下の721百万円。
(2015年の急激な増減は除く)
保有されている皆さんも同じような考えで逃げ出しているような気がします。

なお、これを売れば34万円の現金余力が増えます。

3年6ヶ月で利益を生み出さず、投資効率を低下させていたこのお金を
別に回すことができます。

34万円が1%でも増えれば損失はほぼ回収できるので、
今売っても良いとも思いますが、3月までは株高の流れに乗って
上がっていきそうにも思いますので、監視中です。

日本国債保有率0%計画、始動。

2018年の資産運用方針をまとめてみた。

2018年の大方針は1点。

投資金額を2017年より増やします。

以下の図は、預貯金や株などが資産全体に占める割合の推移を示したもの。

1

100-年齢分のリスク資産を目標に掲げているものの、
2016年11月の48%がピークで、まだ半分以上は預貯金なのです。
投資信託も増やしているつもりで実は増えていない。

その方針に基づいた具体的施策は以下の通り。

①資産運用の柱! 積立投資を毎月15万円に。(2017年比 約+5万円/月)
国内、先進国、新興国の株価が堅調に推移すると想定。
積立投資を月15万円と積極的に買います。

②キャピタルゲインで積立をサポート。
FXにて、ドルとトルコリラをスイングトレードします。
毎月5,000円の利益確定を目標に狙えるタイミングで売買。

(1)ドル円は円安傾向にあると想定し、円高は押し目として買い増し。
ドル(現在112.68円/ドル)
 →-1円円高になるごとに5,000通貨買い増し。
  105円まで下がったとしてレバレッジ3倍150万円ほどの追加入金でOK

(2)外的要因さえなければトルコリラも期待。(現在29.72円/トルコリラ)
 →-1円円高になるごとに10,000通貨買い増し
  25円まで下がったとしてレバレッジ2倍70万円ほどの追加入金でOK

③毎月5万円貯蓄予定の資金は、全て各種暴落時の原資に。
(現時点で既に必要な現金は保有済み。生活資金および結婚&出産費用として。)

目標は、2018年末に1,740万円超え。

2017年は3,197,689円増だったので、2018年はさらに5%増の
3,357,574円増を目標とし、約1,736万円を見込む。

1ヶ月平均28万円を増やす計算になる。

以下は2015年からの月別資産増減推移。

2

毎月28万円資産増。

達成できそうかできないか微妙なラインですが、
頑張ります!!

【資産運用】投資元本は多ければ多いほど良い。当たり前体操以上に当たり前。

投資元本は多ければ多いほど良い。

常識であることをあえて言います。

100円ずつ積立。
決して無駄ではありません。

運用利回り5%として、働かずして勝手に1年で5年生み出されます。
素晴らしいですね。

ただ、1万円なら500円、100万円なら5万円です。

当たり前体操より当たり前です。

何が言いたいのかというと、投資と節約はセットだということです。

100万円投資で儲けて100万円散財した、
でもありと言えばありですが、「がちょうの卵」理論からすると非常にもったいない。

毎年1個卵を生むがちょうがいて、Aさんは毎年その1個を食べてしまうが
Bさんは1年だけ我慢して翌年2羽、次の年は3羽と
どんどん卵を増やしていくというお話です。

100万円設けたら100万円再投資して、投資元本を増やして
どんどん豊かになっていきましょう。

という気持ちで、今日、安いところでも2万円弱するちょっと変な買い物を我慢した俺は偉い!!!

将来の俺、褒めて!

【投資信託】年初に立てた積立計画進捗状況

投資信託運用状況は以下の通り。

1

今年も残りが少なくなってきたということで、
年初に立てた投資計画の進捗を見直してみました。
2017年の資産運用方針をまとめてみた。(2017.01.03)

2017年の資産運用方針をまとめてみた。


老後健やかに暮らすには、33歳~60歳までの27年間で
6,500万円貯める必要がある。
1年間で241万、1ヶ月で20.1万円。
投資しないと無理!

というわけで、株やFXにも手を出している中で立てた
積立投資の計画は以下の通り。
==================================================

③積立投資:96,000円

毎月96,000円を積み立てて利回り3%で運用すると27年後には4,784万円。
6,500万円に到達するには毎月の貯金額が5.3万円で良くなる。
この運用レベルが自分に合ってるっぽい。

ちなみに積立投資だけで6,500万円貯めるには毎月13.1万円必要。(利回り3%)
ETFを継続して積み立てていければ146,000円の積み立てになる。

==================================================

ここまでの実績。

現在までの積立額:995,422円

月に99500円ペースで積み立てられており、
残り11月、12月分の2回も問題なく積立可能な見込みです。

トータルリターンの年率も11%台と問題なしです。
現在、世界的に株高が続いているので、7割以上が株となっている
ポートフォリオの伸び率も高くなるのは当たり前なので、たまたまですが。

ただ、個別株やFXのセンスは微塵もないので、運用全体の計画としては
来年も積立投資をベースとして、その資金をいかに捻出するか、
積み立てるための資金作りくらいの運用利回り狙って個別株、FXを
することにします。

ちなみに現在の毎月の積立額は120,000円です。
想定運用利回りを、過去3年間の実績を鑑みて4%に引き上げます。
毎月120,00円を積み立てて利回り4%で運用すると26年後には6,568万円。

今後、株、FXも同様に振り返りと来年の計画を考えます。

【資産運用】リスクを取らないリスク。デフレ脱却、インフレの開始。

1

日経平均が恐ろしく堅調です。

日々、高まっていく数字を見てふと考えました。

今年始めと今では、同じ1%の騰落率でも中身の数字がぜんぜん違うと。

19,000円の1%190円、22,000円の1%220円。30円の差。

当たり前のことを書いてしまいましたが、何が言いたいのかというと、
デフレ脱却、インフレの開始のように思うのです。

以下の図は、2007年~2020年までの物価上昇率を示したものです。

2
http://ecodb.net/exec/trans_country.php?type=WEO&d=PCPIPCH&c1=JP
http://ecodb.net/exec/trans_country.php?d=PCPIPCH&s=2011&e=2020&c1=JP

10年前10,000円だったものは、2016年で10,280円に実際に上昇し、
今後、2020年には10,662円に上昇すると予想されています。

年利0.5%程度の銀行預金はないため、
何かしらの運用を行わないと、資産が目減りしてしまうことになります。

自分の資産比率を見ていると、現金比率が54%となっていて、
これはつまりそれだけの資産で含み損を抱える可能性が極めて高いということです。

具体例で示すと以下のようになります。

現金として保持している100万円を、
2018年~2020年を以下の2パターンで資産運用した場合、
現金のままでは3年後には約24万円の損をすることになります。

パターン①:現金で保持 (物価上昇率に応じた目減り)
パターン②:年利3%で資産運用を行う

3

5%だと3年で36万円もの損となります。

当然、高い利率を狙うとその分高いリスクを取る必要がありますが、
年利1%でも3年で11万円の損です。

世界経済の成長率見通しにおいても、2020年まで年3.6%、
また、先進国のインフレ率も1.6%-2.0%程度で上昇すると予測されています。
http://www.nomura-am.co.jp/market/news/20171011_27E2DDBB.pdf

もし、現在がデフレ脱却、インフレの開始なのであれば、
現金は、生活防衛資金 + 今後の予定している人生イベント(結婚、子供の就学など)
の最低限をおいておいて、残りは資産運用すべきと考えます。

まさに、リスクを取らないリスクが現金にあります。

じゃあ、何に投資したら良いのかという点は、
輸出関連株、海外投信、外貨購入とふんわり思っています。

またの機会に自分なりにまとめてみます。

【投資信託】日本株の比率を約10%に減らします。

投資信託の状況は以下の通りです。

1

今週、投資信託で以下の売買を行いました。

SMT グローバル債券インデックス・オープン 15万円売却
ニッセイ日経225インデックスファンド 20万円売却

26,898円(税抜)の利益確定です。

売却分で
i-mizuho東南アジア株式インデックス
を35万円分購入しました。

現状と目標それぞれのポートフォリオは以下の通りです。

2

海外株の比率を約8割、国内債券をどこかのタイミングで全て売却し0にします。

IMFの世界経済見通しによると、
2018年の世界経済成長率は、日本の0.7%に対し、アメリカ2.3%、
新興・発展途上国4.9%、中国、インドは6%以上、
2020年には日本は0.2%。

http://www.nomura-am.co.jp/market/news/20171011_27E2DDBB.pdf

これ見てると、日本に投資する意味を考え直したくなります。

気色悪いという声が多い、57年ぶり14連騰に湧いていますが、
成長余地が高い方に投資をします。

【資産運用】投資開始3年半、蒔き続けた種からようやく芽が出始めたか。

個別株 + 投資信託の合計含み益が+113,988.82。

投資開始3年半、蒔き続けた種からようやく芽が出始めたか。

ただ、日経平均が21年ぶり21,000円台回復とか、
NYダウは史上最高値連日更新とか、
何の罠なのかとむしろ心配。

たしか、2015年7月もアベノミクスいえーい!ってなってたら、
チャイナショックがきたし。
どこかで何かが絶賛くすぶり中だと思うと、恐怖。

以下の図は2014年11月を100とした際の、
日経平均、NYダウ、ドル円の推移と、総資産額の推移。

1

まだもうしばらくは伸びていくという味方が強いようだけど、
自分としては売りたくて売りたくて仕方がない。

利益は確定して初めて利益だし。

2

3

ちょっと考え方を変えて、ポートフォリオの見直しを行うことにする。

例えば、国内株は個別株も持ってるし、積立でも持っているし。
あと、債権って本当にいる???って思えてきた。
値動きって株とほぼ変わらない気がしてる。

また、考えがまとまったらここで記録に残します。

国内株と投資信託の含み益が ついに+に。

金持ちになれると聞いて、投資信託始めました。~働きたくないけどお金は欲しいでござる~ Vol.005

金持ちになれると聞いて、投資信託始めました。~働きたくないけどお金は欲しいでござる~ Vol.005

↑こんな感じで投資を始めて3年4ヶ月。

最初の1、2ヶ月を除き、国内株と投資信託の含み益が
ついに+に転じました。

+17,109円
(+0.40%)

これは僕の中では記念日です。

投資とは時間を味方につけること、
という考えを守り、(むしろ、それに頼るしか無かった)
ここまで相場にい続けた結果です。

3年、5年、10年と、これからも続けていきます。

一喜一憂することなく。

でも嬉しいけど。

1

追伸

2018/3/23 米中貿易戦争勃発により-111,260.04円下落。
      国内株と投資信託の含み益が再びマイナスの-56,989.3円に。笑うしかねぇーな!