2015年 10月 の投稿一覧

人生のお見積り。(6000万円足りません!)

今31歳の僕の人生、あとどのくらいお金が必要なのか
ざっくり計算してみた。
①現役時代(65歳まで)

支出項目 (単位:万円) 備考
結婚資金 350 旅行も込み
新生活 100  
出産費用 160 (病院50、検診10、マタニティ用品5、
出産準備10)*2
旅行 250 10万/回*1回*25年
毎月の生活費 3,000 10*12*25
住宅(頭金) 800  
住宅(住宅ローン) 3,000 毎月10万円返済*12*25
車(1回分) 350 修理費込み
子供1 2,800 幼70+小学校200+中400+高300+
大700+4*12*24
子供2 2,800  
生命保険 150 月5000円*12*25
がん保険 75 月2500円*12*25
冠婚葬祭 200  
積立投資 3,000 毎月10万円積立*12*25
貯金 900 毎月3万円貯金*12*25
合計 17,935  
物価上昇 1.02 %
支出系 18,294  

収入は
12,240(65歳まで働くとして残り34年(手取り30万*12*34))
よって、6,054万円不足。
②老後(65歳~90歳まで生きる想定)
 

支出項目 (単位:万円) 備考
老人ホーム 1,000  
冠婚葬祭 200  
リフォーム 1,000  
海外旅行 500 10回
国内旅行 500 10万/回*2回*25年
生活費(老後) 10,500 35万/月*12ヶ月*25年
車(2回分) 700 修理費込み
合計 14,400  
物価上昇 1.02 %
支出系 14,688  

収入は
年金:8,000 (1年320万*25(奥さん込み))
退職金:1,400
合計9,600万円。
よって、5,288万円不足
ただし、老後分の不足約5,300万円は、①の現役時代の積立投資でまかなうつもりで
現役時代に10万円ずつ積立分組み込み済み。(運用利率4.4%必要。)
このままでは現役時代、6000万円足りません。
粗すぎる計算だし、時間軸の考慮も必要なので
まだまだ現実は見えないけど、先は暗いのは見えた。
運用利率4.4%も狙えるのか不安。
 

【投資信託】-4.55%から-0.12%に回復。

幸運にもお給料が少しアップしました。
なので、毎月の投資信託積立額を増やします。
その心は以下のサイトに書かれている通りです。
=============================================
今回の賃上げを、「給与も上がったし、今まで買えなかったものを買ったり、
食べたりしてもいいのだ」と考えるより、先のことも見据えた「積立投資」を
考えてみて欲しいと思います。
(https://www.rakuten-sec.co.jp/web/market/opinion/fund/yamasaki/0091.html)
=============================================
=============================================
人生においては、実際の資金ニーズより早く積立等を行い資産を確保し、
高額の出費が必要になったときに借り入れを極力減らすことが重要です。
このとき、出費が増えるタイミングより早く年収が増えることほど幸運なことはありません。
(https://www.rakuten-sec.co.jp/web/market/opinion/fund/yamasaki/0081.html)
=============================================
まだまだ僕には、
・住宅(住宅ローン)
・車(2回分)
・子供1学費(中学、高校、大学 私学)
・子供2学費(中学、高校、大学 私学)
が最低でものしかかってくるので、余裕はありません。
増額対象はこちら。
・三菱UFJ国際-eMAXIS新興国株式インデックス

積立額:15,000円から30,000円に。
ついでに、本日16,000円分個別に買い増し注文。
・東京海上物価連動国債

積立額:4,000円から10,000円に。
ついでに、本日15,000円分個別に買い増し注文。

JUGEMテーマ:サラリーマン日記

現在の保有資産分布と今後の計画(10月以降)

この数ヶ月、全くと言ってほど総資産の状況を確認していなかった。
自分の保有株が全く伸びなかったり、日経平均自体も下がってきてたから
見ても面白くないので。
ただ、さすがにそろそろ気にしないとダメかなと思い、確認してみた。


 

  2015/5/31 2015/10/12 増加率 増加額 増加額平均
(4.5ヶ月計算)
投資信託 834,284 1,156,526 38.62% 322,242 72,144
株式 1,819,600 1,716,900 -5.64% -102,700 -22,993
現金・預貯金 5,687,697 5,644,552 -0.76% -43,145 -9,659
合計 8,341,581 8,517,978 2.11% 176,397 39,492
現金保有率 68.18% 66.30%      

現金、株の保有率が下がり、投資信託が伸びた。
が、実際は何一つ伸びていない。
・投資信託
伸びているように見えるけど、積立4回分で40万は増えていないといけないはず。
+49,764円が-17,999円になっているので、67,763円が消えた
・株
8月から日経平均が大きく下落しているが、保有株もほぼそれに準じて下がった。
JDIを500株追加購入しているので保有株総額としては+200,000されているので分かりづらいが
5/31時点で-3,900円だった損益が、10/12時点で-291,100円。
287,200円消えている。
・現金
最近の生活のだらけ具合の象徴。
預貯金10万円という目標のところが-9,659円
目標としては毎月
投資信託+12万
現金・預金+12万
なので、基本的に自由に使えるお金は毎月8万円程度になる。
もう一度、自分の生活を見直す。
・国内株

・投資信託

 

【確定拠出年金】10月、11月はまだまだ下がると予想。

運用利回りが7.25%まで下がっています。


・野村J-REITファンド(確定拠出年金向け)

取得単価を大きく下回っています。
——————————————-
今後は、戻りを探る展開を予想します。オフィス市況は順調に回復しています。
<中略>
日銀の追加の金融緩和への期待も下支え材料です。ただ、米国では年内利上げ開始の可能性があり、
米金融政策をめぐる思わくで振らされる場面もありそうです。
引き続き、中国経済の減速懸念が再燃することや、POによる需給悪化には注意が必要です。
(http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=15より抜粋)
——————————————-
取得単価を下げるために毎月の掛け金60%投入。
10月、11月で下がると予想して、そのタイミングでスイッチング予定。
・DCダイワ外国債券インデックス

様子見。
・三菱UFJDC国内株式インデックスファンド

まだ10月、11月で下がると予想して、少しでも利益があるうちに
一回、全部売ります。
黒田バズーカ2が発表されてから2日で1000円くらい上がったけど、
18,000円くらいまでであれば3発表後に買う。
逆に17,000円下回ったらいくらか買う。
・DCダイワ外国株式インデックス

取得単価を下げるために毎月の掛け金40%投入。
10月、11月で下がると予想して、そのタイミングでスイッチング予定。
ちなみに日本債権は買いません。
500円、1000円の範囲でうろちょろしてるだけなので。