2017年 12月 の投稿一覧

【FX】2017年の通算成績+55,335円

2017年のFX運用結果は以下の通り。

スワップ獲得:313,276円(1日858円)
利益確定額:222,879円
含み損拡大:-480,820円
——————————
FX資産:+55,335円

1

含み損の拡大理由としては、2点。

・トルコリラが3円円高。
・取得単価102円からのドル売り2.9枚とそのスワップ

2018年はどうなるのか。

トルコ自体の経済は良好と聞くので、
あとはアメリカやEUと仲良くやってもらうことを祈るのみです。

含み損をスワップで消化するシミュレーション。

+2円: 702日(スワップ80円) 2年
+1円: 827日(スワップ80円)
±0円: 952日(スワップ80円)
-1円:1,230日(スワップ70円)
-2円:1,602日(スワップ60円) 4年4ヶ月

前向きに考えてもあと2年は含み損とお付き合い。

とほほ。

参考:2016年のFX運用結果

【FX】今年の通算成績-393,756円。

【資産運用】2017年振り返り

今年ももう終わり。

2014年4月頃から開始した資産運用も3年半が過ぎ
その状況は以下の通りとなっている。

1

月別の総資産額推移。
※日経平均株価、ドル円、NYダウは2014年11月を1とた場合の比率

資産全体は前年同月比で3,197,689円増加の約1.30倍。

増加率は、2016年1月~12月の1,641,792円に対し約1.95倍。

株価と投資信託の含み益が243,372円とプラスに転じたものの、
FXでの含み損が-1,141,823円と合計で
-898,451円(6.42%)もの損失が発生中なだけに、
決して資産運用は成功しているとは言えない。

現金、株+FX、積立投資別の保有金額推移とその比率は以下の通り。

2

3

リスク資産保有率について「100-年齢」(66%)を目標にしているので
株+FX、積立投資というリスク資産保有率が約45%というのは
まだまだ十分に運用ができていない状況となる。

と言いつつ、上述通り含み損が100万円に届きそうなので、
より慎重な運用が必要。

————————————

今年は日経、NYダウともに記録を塗り替えるような上昇を見せたおかげで、
今まで積み立てていた投資信託が大きく芽を出した。

株、FXは昨年の反省点をもとに慎重に売買を実施。

トルコリラの下落により含み損は大きく膨らんだが、
FX純資産(含み損-スワップ-利益確定額)は約5万円
昨年より増加した。

来年は、毎月の貯金額を減らし、積立投資中心に
資産運用していきたい。

関連:【資産運用】2016年振り返り

【資産運用】2016年振り返り

【資産運用】セミリタイヤ、あきらめるしかないのか。

30歳とか、40歳とか、一体どうやったら
その年代で早期リタイヤできるというんだい???

以下の図は、60歳に退職、65歳から年金受給、90歳まで生きるという前提で
60歳までに6500万円必要であるという見積もりに基づき、
早期退職年齢別の「不足金」を示したものです。

1

これによると、来年34歳で会社をやめようものなら、
1億5,475万円が必要。

40歳でも1億1,766万円

50歳でも4,825万円

55歳でようやく、数年間は質素な生活するのであれば
やめられるかな、くらい。

毎月の生活費を余裕にある25万円前提で計算しているから、
さすがにそのレベルの生活は諦めるにしても、
それでも30歳とか、40歳とかで早期リタイヤするなんて、
本当に無謀なんじゃないか???

ブログとかには出していない隠し資産とかないと。

どういう費用見積もりでセミリタイヤを決定したのか、
教えていただきたいものです。マジで気になる。

あと、セミリタイヤも2種類にわけられる。

・貯金切り崩し型
・インカムゲイン型

どちらが良いのかと言えば、断然、後者。
経済的にも、何より精神的にも。

自分で考えられる、毎月25万円(年間300万円)を生み出す仕組みは以下の通り。

①株配当3%として1億円が必要
リスク★★☆☆☆

②アメリカドルでスワップポイント(1枚40円、113円/ドル計算)
レバレッジ5倍でも、約4,700万円が必要。
リスク★★★★☆

③トルコリラのスワップポイント(1枚80円計算、29円/トルコリラ計算)
レバレッジ5倍で約600万円が必要。
リスク★★★★★★★★★★

死ぬまでトルコリラが想定通りに安定することが前提
ギャンブルすぎる

【確定拠出年金】直近1年の運用利回り11%

運用状況は以下の通り。

1

2

国内株、外国株ともに堅調であるため、特に問題なしです。

2016年11月分から毎月の拠出額が26,668円になっており、
その拠出額で、60歳までの26年間、()内の利回りで運用した際の金額は以下の通り。

1,680万円(5%)
1,954万円(6%)
2,280万円(7%)

+120万円(今までの拠出金)

退職金見込み:1,800万円~2,400万円

運用利回り7%目指します。

3

【資産運用】投資元本は多ければ多いほど良い。当たり前体操以上に当たり前。

投資元本は多ければ多いほど良い。

常識であることをあえて言います。

100円ずつ積立。
決して無駄ではありません。

運用利回り5%として、働かずして勝手に1年で5年生み出されます。
素晴らしいですね。

ただ、1万円なら500円、100万円なら5万円です。

当たり前体操より当たり前です。

何が言いたいのかというと、投資と節約はセットだということです。

100万円投資で儲けて100万円散財した、
でもありと言えばありですが、「がちょうの卵」理論からすると非常にもったいない。

毎年1個卵を生むがちょうがいて、Aさんは毎年その1個を食べてしまうが
Bさんは1年だけ我慢して翌年2羽、次の年は3羽と
どんどん卵を増やしていくというお話です。

100万円設けたら100万円再投資して、投資元本を増やして
どんどん豊かになっていきましょう。

という気持ちで、今日、安いところでも2万円弱するちょっと変な買い物を我慢した俺は偉い!!!

将来の俺、褒めて!

【資産運用】セミリタイアするためにまず必要なこと。

優雅なセミリタイアブロガーとして僕が尊敬している
よよよさんは、投信評価額2000万円と現金700万円で
セミリタイアされました。

日々の生活費を10万円以下(家賃込み)にできるからこそ
実現できたことなのかもしれませんが、とりあえず働きたくない
という気持ちで投資を始めている僕からしたら憧れの存在です。

僕の生活費はざっくり20万円程度。(家賃込)

なお、この20万円というのは、
手取り-定期貯金-積立投資-口座の残り具合
と超ざっくり出した金額で、この「ざっくりとしか把握していない」点が
セミリタイアに近づけない大きな要因なんだと思われます。

感覚的には12、3万円、使ってても15万円くらいなのに、
なぜ20万円も???

自分が会社の社長だったとして、
コストを正確に押さえられていない時点で失格です。

僕という会社の社長である自分がコストを把握していない。。。

「会社辞めたけど、自分が毎月どれくらい使うか分かりませ~ん^^」

そんなんでは、もう雇われの身を続けることしかありません。

無駄に使った1万円を、もし投資に充てられていたらと思うと、
資金管理の徹底が重要になるかが身にしみます。

いかに投資資金に回せるかがセミリタイアに近づくポイントなのに。

というのは前々から認識はしているので
マネーフォワードにいろいろ記録しているけど、
結果がてんでおかしくなってしまって、全然使いこなせていません。

1

収入150万?

支出200万???

意味不明。

うーん、どうしたものか。